きっかけはコメントから

スクリーンショット 2015-11-05 23.00.56

このzero-enというブログを半年ほど運営してきまして、初めてコメントをいただいたのです。

今まではずっとスパムだったので、スルーしていたんですが初コメントですよ!と喜んでみたらiPhone4SのWi-Fi修理の件でした。

コメントを読んで投稿者様のブログを確認したら、どうも僕がiPhone4Sを分解して温めていた場所と違う場所ということでしたので、もう一度チャレンジすることにしました。

ちなみに前回分解して修理を試みてみたときの記事です

Wi-Fiの繋がらなくなったiPhone4Sを分解して修理した件

 

iPhone4Sを再分解

image

道具はこれです。重宝しますね〜

安いけれど使えますよ!

2015-10-28-1-2

さあ、復活するか4S!

 

2015-10-28-1-3

一度分解したことがあるのでサラサラと分解します。

2015-10-28-1-4

ネジ2本を外して、カバーをスライドさせるだけ。実は前回分解した時にホームボタンの接続をするのを忘れてしまっていました。

今回ホームボタンも直さないと。

2015-10-28-1-5

パカッと開きました

 

2015-10-28-1-7

温める場所はWi-Fiアンテナの横の黒いボックスのようなものだそうです。

2015-10-28-1-10

とりあえずダメもとなので、ハンダで温めることにしました。

 

2015-10-28-1-14

ハンダで温めては離すを繰り返します。

 

2015-10-28-1-18

途中で一度確認。どうもまだダメみたい。

 

2015-10-28-1-16

そこでチャレンジャーな僕は電源を入れた状態でハンダ温め攻撃をすることに。

危険なので真似しないでください

電源はオフの状態で温めるのがいいですよ。危険ですから。

2015-10-28-1-19

さらにひどいことに充電をしながらという無法っぷりです。

だって、治ったか確認するのに手間かかるじゃないですか。

2015-10-28-1-21

こんなもんかな?と、画面をみたら、Wi-Fi扇マーク出現!

2015-10-28-1-23

おおお!まじで治りました。素晴らしい。

2015-10-28-1-29

一応ネットサーフィンが本当にできるかを確認!

おお!できるじゃないですか。素晴らしい。直りました。ありがとうございました。

ただ、これで完治したとはわかりません。

今はWi-Fiが入るようになりましたが、またダメになる可能性もあります。子供のおもちゃとしてゲームアプリを落としておいて、しばらく様子をみたいと思います。

ホームボタンもやはり接点をつなぎ忘れていただけでした。